ルシファー

LUCIFER/ルシファーシーズン1第2話ネタバレあらすじ!クロエの母親が有名人?

ルシファー シーズン1 第2話 あらすじネタバレ

前回のルシファーシーズン1第1話では、地獄の王として地獄の統治を任されているルシファーは5年前からロサンゼルスで休暇中

そこで元女優の刑事でもありシングルマザーのクロエと出会います。

ルシファーは人間の隠された欲望や本性を吐き出させる能力を持っていますが、なぜかクロエには効きません

クロエに興味を持ったルシファーは力が効かない真相を探る為、今回もクロエに付きまといます!

それではミステリー、ロマンスを存分に楽しめる「LUCIFER/ルシファー」の第2話のネタバレあらすじをどうぞ♪

\ルシファー観るなら/
U-NEXT公式サイト

▲31日間無料トライアル実施中▲

以下ネタバレをがっつり含みますので閲覧注意!

LUCIFER/ルシファーシーズン1第2話のあらすじネタバレ!

変化しつつある地獄の王

路上で“悪魔は我々の中に”というプラカードを掲げた神父のパフォーマンスをしている大道芸人にルシファーが絡みます。

大道芸人はパフォーマンスの邪魔をされルシファーを追い払おうとしますが「嘘を言う奴、ペテン師は嫌いだ」とルシファーは悪魔の顔を一瞬覗かせ大道芸人を錯乱させます。

その場を立ち去った後カウンセラーのリンダのもとに訪れたルシファーはカウンセリングを受けます。

前回のカウンセリングで人間的感情に悩むと言っていたルシファーでしたが、今は悩んでないと冗談を言います。

しかしリンダから「“誰か”の影響で変わる不安を抱えている」と指摘されます。

ルシファーが経営するクラブに、クロエはルシファーを調査する為に訪れます。

ルシファーを隠し撮りしていましたがあっさりとバレてしまうクロエ。

優雅にピアノを弾き始めたルシファーにクロエはルシファーを調べたが5年前からのデータしかないことを指摘します。

そしてジミーに撃たれても傷一つ負わなかったのはなぜと詰問します。

ルシファーはクロエの質問をのらりくらりと交わした後、自分の力が効かないクロエの秘密を探ると宣言します。

そこへクロエに事件を報せる電話が来ます。

クロエと過去の因縁

別居中の夫ダンが捜査する事件現場に向かうクロエ。

そこでは映画俳優の息子であるロビーがパパラッチを撒こうとして事故を起こし死亡していました。

そのパパラッチがニックと知り怒りを覚えるクロエ。

そこへルシファーもクロエの秘密を探るために現れます。

捕らえられたニックとクロエが顔見知りなのを察知したルシファーは、クロエの制止も聞かずニックに「欲望は何?」と尋ねます。

するとニックは「自白したい。これまで悪行を重ねてきた。これは変われるチャンスだ」と言います。

これまであくどいやり方で軽犯罪を逃れてきたニックの意外な答えに驚くクロエ。

さらにルシファーが本音を尋ねますが「これを言ったらあいつが…」と口をなかなか割りません。

真犯人を示唆するのを聞いて詰め寄るクロエをダンが止めたことによりニックの自白が止まります。

そのまま連行されるニックを見送るクロエ。

その側ではルシファーがニックの車内に残されたマリファナを吸っています。

堂々とマリファナを吸うルシファーにクロエは呆れて注意をしますが、ルシファーは恍惚とした笑みを浮かべて車内に最近吸ったマリファナの吸い殻があったことを伝えます。

クロエはニックはハイの状態ではなかったことから別の者がいたことに気づきます。




ルシファーとクロエ2人の意外な共通点

翌朝、ルシファーが目覚めると兄である天使アメナディエルが現れます。

「地獄へ戻れ」と促すアメナディエル。

そしてアメナディエルはルシファーがクロエを救ったのは気まぐれではなく惹かれているからだと指摘します。

続けて「地上にいることでお前は変わっている」とアメナディエル。

ルシファーは人生を変化したかったと言い返しますが、アメナディエルは「今まではお前が変化させていたが今回は違う。怖くないか?」と言いルシファーに対して警告して去ります。

その頃自宅でクロエはニックが作ったサイトにアップされた事故死したロビーの動画を観ています。

一般人として生活していたロビーでしたが、映画スターの息子としてパパラッチに追われる日々を送っていました。

動画では追い回すパパラッチ達に撮影を利用して「献血をしろ、奉仕活動をしろ、パパラッチになるな」と訴えていました。

思わず「偉いわ。私と違って」と呟くクロエ。

後ろから娘のトリクシーがパソコンを覗き込み慌ててクロエが気を取り直しているとルシファーが訪ねてきます。

クロエの家を見回し刑事の給料では買えない家だと値踏みするルシファーは「刑事になる前にやっていた女優業で稼いだのか」とからかいます。

トリクシーに女優をしていたことを隠したいクロエはトリクシーに聞かれてはまずいと落ち着きません。

「娘にスター女優だったことを隠したいのは映画で裸になったからか」と尋ねるルシファーに「そうだ」とクロエは答えます。

「この部屋は母の家でダンと別居してから住んでいる」とクロエが答えていると、ルシファーは部屋を見回し壁に貼ってあるポスターを見て80年代B級SF映画の女王ペネロピ・デッカーがクロエの母だと気づきます。

ルシファーは「自分と同じように世襲家庭だったんだな」と言い、ニックにスキャンダルなことをスクープされて自分と同じように親に反抗したんだろうと言います。

その推測に呆れてクロエはルシファーを追い出します。

クロエの過去を聞き罪悪感に苛まれるルシファー

追い出された後、ルシファーはニックに会いに警察署へ向かいます。

ルシファーの魅力で女性の警察官はニックの面会を許します。

女優だったころのクロエをパパラッチしていたニックにどんなスキャンダルを撮ったのかとルシファーは聞きますが、ニックは「クロエに汚い過去はない」と答えます。

ではなぜクロエに恨まれているのかと尋ねると、ニックは19歳のクロエが出演した映画が公開された2週間後にクロエの父親が亡くなりその葬式に忍び込んだことやそれによりクロエが激高した瞬間を写真に撮ったことを告白します。

そしてニックはその写真は高く売れたが自分は地獄に落ちるだろうと悩むことになったと呟き、他の人間にも同じ過ちをさせないように努力してきたと言います。

それを聞いてルシファーは他の人間とは誰のことかと詰め寄りますが、ニックは頑なに口を割らず激しく拒んだ瞬間ルシファーは姿を消します。

その頃クロエはロビーの父の元を尋ねます。

息子の死で憔悴し自分のせいだと責めるロビーの父に、クロエは自分も女優の娘として言えるのは「責めるのは親じゃない。悪いのは犯人」だと慰めます。

そしてニックではなく他に犯人がいると告げます。

ロビンの父は1度きりだが生前ロビンがニックの他に以前もう1人パパラッチがいたことを言っていたと伝えます。

経営するクラブで不機嫌そうに1人酒を飲むルシファー。

どうしたのかと尋ねるメイズにクロエのスキャンダルを期待していたが実際は落ち込むような事実だったと答えます。

メイズがクロエの秘密を暴いて後悔していると言い、アメナディエルが言うように変わってきていると責めます。

無礼な口を利くなと怒るルシファー。

そこへ警察署に来たことを電話で聞いたクロエが現れます。

ニックから情報を聞きだせたかと尋ねるクロエにルシファーはニックには同じ過ちをさせないように庇っている人物がいること、それはおそらく弟子だろうと教えます。

クロエはニックのサイトで今日も誰かが写真を公開していることを思い出し、最新の情報が1時間前のパーティー会場だったことからそこに弟子がいるのではないかと推測します。

クラブを後にしようとするクロエを見送ろうとするルシファーに「目が届くところにいて」と言い、クロエはルシファーを同行させます。

パーティー会場にはたくさんのパパラッチがおり、動揺を隠せないクロエを心配するルシファーの態度からクロエはルシファーがニックから過去を聞き出したことを悟ります。

ルシファーはニックの後悔は本物でクロエに償いたい気持ちもまた本当だと告げますが、クロエは簡単に許す気はないと答えます。

その時ロビンの事故現場にいたニックの弟子を見つけます。

ルシファー達と目が合うなり「ペネロピ・デッカーの娘クロエ・デッカーがいるぞ」と弟子は大声を上げます。

パパラッチ達に囲まれるルシファー達を尻目に弟子は逃走します。

パパラッチに卑猥な言葉を投げかけられ思わず殴りかかりそうになるクロエですがなんとか耐えて弟子の後を追います。

その代わりにルシファーが卑猥な言葉を投げたパパラッチの欲望を力を使って聞き出し、パパラッチ同士の乱闘のきっかけをつくり報復します。

翌日、さっそくニックのサイトにクロエの写真がアップされています。

トリクシーに女優だったことを隠したいクロエですが、ダンにサイトを見たトリクシーの友達などからいずれバレると言われます。

落ち込むクロエにダンはクロエの捜査協力として逃走した弟子が乗っていた車を調べていたことを告げ、弟子の名前がジョシュということを教えます。

さっそく車の中からセレブを盗撮するジョシュの元へ向かうルシファーとクロエ。

ジョシュは悪びれずクロエの出演作のファンだと告げ、先日のことを謝ります。

ルシファーはロビーの事故の件で来たことを伝えると力を使いジョシュの欲望を聞き出します。

ジョシュは「どんなことでも1番になること」と答えます。

それはニックの教えなのかと尋ねるクロエにニックは自分の憧れであり、ニックも自分と同じようにロビンの事故現場を撮影したはずだと言います。

ジョシュは時計を確認すると2人を止め、カメラを車内から取り出します。

その瞬間車内にあるマリファナにクロエは気づきます。

クロエがマリファナを吸うのか尋ねるとジョシュはカメラをセレブに向けたまま医療用だと答えます。

カメラのレンズの先ではセレブ同士の喧嘩が行われていました。

ずいぶん良いタイミングだと嫌味を言うクロエにただのラッキーだとジョシュは笑います。




すれ違うルシファーとクロエ…

クロエとルシファーはジョシュが撮った写真がいずれもタイミングが良く作為的なものを感じます。

そこでロビンの事故は計画殺人だったのではないかとクロエは疑いを持ちます。

しかしジョシュが犯人である証拠がない上にそんなジョシュを庇うニックの理由がわからないと言うクロエに、ルシファーは「関係ない。ジョシュを罰しよう」と言います。

ルシファーと口論になりクロエはクラブを後にします。

2人の様子を眺めていたメイズにルシファーが言いたいことはわかると言い、地獄の王らしく罰を与えに行こうと誘います。

クロエはニックにジョシュのスキャンダラスなセレブ達を写した写真を見せます。

ショックを受けたニックはジョシュとの出会いをクロエに話します。

家出少年だった16歳のジョシュの荒れ具合にニックは自分の過去を感じて雇ったことや、同じ轍を踏ませないように越えてはいけない一線があることを教えたことを話します。

そしてロビンの事故を起こしたことでニックの教えが分かったと言うジョシュの身代わりになったとニックは白状します。

善行だと思ったが、その実ジョシュに利用されていたと自嘲気味に話すニックにクロエは過去のことは許すと伝えます。

その上でクロエは問題はロビーが死んだことだと言います。

ロビーが普通の生活を行いたがっていたことを伝え、その為にもジョシュが犯人であると証言してほしいと訴えます。

その時電話が鳴り、クロエは席を外します。

取調室に戻るとニックの姿はなく、ルシファーが連れ出したことを知ります。

ニックを薄暗い路上に連れ出したルシファーは、君のような存在は必要悪で変わろうとしたことが失敗であるし、また変われることはないのだから受け入れろとニックに言います。

なぜここへ連れ出したのかと怯えるニックの前に、縛られたジョシュがメイズによって車から引きずり出されます。

メイズに悪態を吐くジョシュをあっさりとメイズは張り倒します。

そしてルシファー達はニックとジョシュの間に2丁の銃を置きます。

ルシファーはジョシュにニックは警察に自白すると伝え、ニックにジョシュは君に罪をかぶせたと伝えます。

ニックがジョシュに「本当に人殺しをしたのか?」と尋ねた時、ジョシュは銃を手に取り銃口をニックに向けます。

ジョシュはニックのパパラッチとしての腕が落ちたこと、一線を越えない教えを守っていたら1番にはなれないと話します。

そして自分を庇うことで後悔している過去を清算しようとしていたと指摘します。

息子同然でジョシュを育ててきたのにと悲しむニックにジョシュは銃の引き金をひきますが、弾は出ません。

そんな2人の様子を見て笑うルシファーとメイズ。

自分を殺そうとしたことにショックを受け、今度はニックがもう1つの銃を拾い上げジョシュに銃口を向けます。

その時ルシファーの罰に気づいたクロエが駆けつけます。

クロエは芽生えた善意を無駄にしないでとニックに訴えますが、ルシファーは変わることなどできないから自分を受け入れろと言います。

揺れ動くニックにクロエは「自分を変えようとしたことが大事」だと続けます。

メイズは苦々しく「人間どもめ」と呟きますが、ルシファーは「人間にはなにかある、興味深い」と呟きます。

クロエの制止むなしくとうとうニックは銃の引き金を引き、今度は弾が出ます。

その瞬間時間が遅々と進み始めます。

ニックがアメナディエルを呼んだのです。

呼ばれたことを驚くアメナディエルに「お前が言ったことが正しかった」とルシファーは伝えます。

地獄に戻るのかと安堵を見せるアメナディエルにルシファーは違うと言い、空をゆっくりと進む弾を捕らえた後微動だにできないジョシュの股を蹴り上げます。

そしてルシファーはアメナディエルに「変化していることを認めると言ったんだ」と言います。

アメナディエルを呼んだのは自分が間違っていたこと、この事態を収拾させるためだと言います。

そして変化することはとても刺激的であり、そのことでアメナディエルを苛立たせるのが目的だと伝えます。

そんなルシファーにアメナディエルは「どうなっても知らないぞ」と警告して去ります。

その瞬間、時の進みが戻ります。

弾が消えた上に正面にいたはずのルシファーが背後にいたことに驚くクロエ。

真犯人として連行されていくジョシュを見送った後、戸惑いをぶつけるクロエにルシファーは「天使が時間を止めた。そんなことが聞きたいのか」と言います。

クロエはそれ以上何も言えなくなります。

トリクシーに過去に出演した映画のDVDをクロエは見せます。

そこでトリクシーに自分の過去をためらいがちに話し始めますが、トリクシーはあっさりとネットでママの映画は観たと答えます。

そしてとても面白かったと答えるトリクシー。

面白かった場面を語り合う中で、トリクシーが思わずクロエの負傷した腕に寄りかかってしまいます。

トリクシーは謝った後、ママにこんな目に合わせた奴が憎いと言います。

するとクロエはその人物に会ってくると答えます。

変化を自覚した地獄の王ルシファー

リンダとベッドを共にしながらルシファーは再びカウンセリングを受けます。

リンダはルシファーの話を聞いて「悪魔は1つ善行をしたのね」と言いますが、ルシファーは「ただの遊びだ」と返します。

そしてルシファーが「自分は支配する立場だからこの先が分からないことが…」と言いかけたところでリンダに「不安?」と聞かれます。

ルシファーは笑って「実のところ楽しい」と答え、そしてリンダが言った通り“誰か”によって変わっていると答えます。

そして自分を変えていく彼女をどうするかと呟きます。

その頃クロエは精神病院に収監され投薬治療中のジミーに会いに来ていました。

まともな会話ができなくなったジミーにクロエは話しかけます。

反応のないジミーにクロエがルシファーの名前を出した瞬間、ジミーは錯乱し始めガラスの壁に頭を打ち付け「ルシファーはどこにいる」と怯えます。

ここにはいないと答えるクロエに「奴は悪魔だ」と叫び、看護師たちにジミーは取り押さえられます。

クロエは呆然としながらその様子を見るしかありませんでした。




LUCIFER/ルシファー シーズン1第2話感想

ニックは過去に犯した悪行をジョシュにはさせまいとしていたのに、全く伝わっていなかったことがとても切なかったですね。

人はなかなか変わることは難しいのかもしれませんが、クロエが言うように変わろうとすることが大事なのかもしれません。

その言葉にルシファーはかなり影響を受けたようですが…。

今回なんといってもクロエの娘のトリクシー。

クロエの過去を知りながらも黙っていたトリクシーがとにかく可愛かったです。

出演したことを後悔するクロエに「面白かった」と無邪気に伝えるトリクシーはこのドラマの中で一番もしかしたら大人なのでは…と思ってしまいます。




LUCIFER/ルシファーシーズン1第2話まとめ

今回はクロエの過去の因縁であるパパラッチの登場で、ルシファーがクロエの秘密を少し探ることができました。

しかしながらクロエの映画が公開された2週間後に父親が亡くなっていたなんて…

映画公開されたことと関係があるのでしょうか。

クロエが有名な女優の娘だということもわかりましたし、クロエの母親の登場が楽しみです。

ルシファーは周りに指摘されている以上にクロエに惹かれ始めていますし、クロエによって変化していることを自覚したことで今後の関係にどう影響するのでしょうか。

まだ2話目ですが、ルシファーとクロエのじれったい関係性にドキドキです。

LUCIFER/ルシファーの続きが気になる方は「U-NEXT」「Netflix」で観ることができます!

\ルシファー観るなら/
U-NEXT公式サイト

▲31日間無料トライアル実施中▲

海外ドラマ視聴歴20年以上の主婦おすすめ動画配信サービスランキング
Hulu
おすすめポイント
全動画見放題!
アンパンマンチャンネル見放題
日テレ見逃し配信あり
ダウンロード
倍速再生機能あり
2週間無料体験あり
オリジナル海外ドラマがおもしろい!
 
 
 
 
Amazonプライムビデオ

おすすめポイント
月額たったの500円
プライム特典利用可能
オリジナル作品がおもしろい
ダウンロード機能あり
30日間の無料体験あり
 
 
 
 
 
U-NEXT
おすすめポイント

動画本数16万本以上
ディズニーなど最新作も最速配信
雑誌70誌以上読み放題
ダウンロード機能あり
倍速機能あり
最大4アカウントで同時視聴可能
31日間の無料体験あり

 

U-NEXT公式サイト

U-NEXT詳細ページを見る