グッド・ファイト

グッド・ファイトシーズン1第4話あらすじネタバレ!前作の嫌なあの人が再登場

グッドファイト シーズン1 ネタバレ あらすじ

グッドファイトシーズン1も1/3が終わり、物語のキーとなるリストが登場しました!

果たしてこのリストはマイアの救いになるのでしょうか?

さらにおもしろくなってきた第4話のネタバレをお送りします。

以下ネタバレをがっつり含みますので閲覧注意!

今すぐグッド・ファイトを観たい方は「Amazonプライムビデオ」で配信中ですよ!

Amazonプライムビデオ公式サイト

▲30日間無料体験実施中!▲

「グッド・ファイト」第4話のあらすじネタバレ!

第3話では、ジャックスおじさんが持っていたリストが出てきました。

どうやら物語の大きな鍵となりそうですが、詳細は明らかになるのでしょうか?

そしてグッドワイフでいや〜な奴だったあの人が再び登場します!

マイアの偽物が登場

ジャックスから盗み出したリストを見るマイヤ。

エレベーターで突然、女性から湯煎式の缶詰を勧められます。

なんのことかわからず戸惑うマイヤ。

他の人にも砂糖を減らすようにアドバイスされます。

事務所に着くと、ルッカから不妊治療に関する案件を担当するように言われます。

サマンサから別人がなりすましてツイートしていることを教えられます。

エレベーターでのことはこれが原因でした。

そこでサマンサのアカウントからリプをして、相手の反応をみることに。

卵子を取り戻したい依頼人

設立当初からのクライアント・ローラが、以前に提供した卵子を取り返したいと依頼します。

当時作った契約書では「卵子が5年以上提供者に使われなければ、所有権は依頼人に戻る」と記載していました。

ローラは卵巣ガンで排卵がなくなったため、子供が作れなくなってしまいました。

それでも自分の子供が欲しいと思ったローラは、卵子を取り戻すことにしたのです。

嫌なあの人が登場!

エイドリアンの元に、マイク・クレスティーバがやってきます。

にいな
にいな
マイク・クレスティーバと言えば、アリシアの宿敵でしたよね。嫌な奴でした

ダイアンはエイドリアンにクレスティーバはいい人ではないと忠告します。

クレスティーバはシカゴ警察の暴力事件を減らすことに尽力する立場になったので、警官の暴行事件を多く扱っているレディック&ボウズマン法律事務所に来たのでした。

サマンサのツイッターリプに返事がきます。

写真を送って欲しいと返事がきたので、他人の写真を送信。

さらに偽マイアの写真も送って欲しいと返信します。

するとすぐにマイアの裸の写真が送られてきます。

マイアは写真の持ち主に心当たりがありました。

クレスティーバがダイアンの元に訪ねてきます。

警官の暴力を減らしたいので、アドバイスが欲しいと言います。

昔とは変わったから協力してほしいと。

ダイアンが息子について聞くと、亡くなっていることがわかりました。

クレスティーバは亡くなった息子のために、この仕事を受けたと説明します。

ダイアンは念のためネットで検索してみると、事実であることがわかります。

予想以上に難航する卵子の行方探し

サマンサがクリニックに電話すると、不妊治療クリニックにはサラが卵子提供した記録がないと言われました。

ダイアンがクリニックに行ってみると、ローラが受診していたクリニックは閉鎖になり、別のクリニックになったから記録がないと言われます。

ローラが卵子提供したのは以前のクリニックだからと。

しかし以前のクリニックと同じビルにあり、院長も同じ。

院長は閉鎖した病院との契約だから無効だと主張します。

ダイアンは閉鎖したときに通知がなかったから不当性を主張。

院長を訴えると言うと、ローラの卵子がシカゴ工芸大学にあると教えてくれました。

ルッカがシカゴ工芸大学に行き、ローラの卵子の行方を追います。

するとローラの卵子はひとつを除き廃棄されたことがわかります。

しかしそのひとつは機密扱いで行方がわかりません。

再度大学に行って調べると、ローラの卵子はすでに受精されてしまっていたことがわかります。

マイアとサマンサは、ツイッターでマイアになりすましていたのが、元彼のテッドのところへ文句を言いに行きます。

すると2年前に作成したツイッターボットであることがわかります。

テッドにボットを消すように言いますが、無理だと拒否されます。

事務所に召喚状が届く

ダイアンとマイア、エイドリアン、ルッカの元に大陪審の召喚状が届きます。

差出人はクレスティーバでした。

ルッカはカフェでコリンを待ち、召喚状について聞きます。

コリンは調べるとルッカに返事をします。

にいな
にいな
なんだかルッカとコリンがいい感じ!

サマンサがマイアに、ツイッターの件はアカウトが調査のために凍結されたと報告。




ローラの卵子を取り戻すために裁判開始

ローラに残っていた最後の卵子が受精済みなので、裁判を起こすことを提案します。

ただし、もう受精しているので父親は選べません。

それでもローラは裁判することを決意します。

裁判所で受精卵の父親が誰なのか気になるローラ。

ダイアンは相手の代理人と和解の道を探りますが、うまく行きませんでした。

父親を確認しても、ローラの気持ちは変わりません。

自分の手で育てる決意を堅く決心しました。

そして着床の仮差し止め命令は無事に通りました。

クレスティーバの魔の手が事務所に迫る

マイアの弁護士アイシャの元に、マイアが事務所を解雇されるというニュースが届きます。

すぐにマイアに確認しますが、もちろんマイアは知りません。

すぐにエイドリアンに確認しますが、もちろんデマでした。

次々に偽のニュースが流れていて、マイアは元彼の関与を疑います。

ダイアンが大陪審でクレスティーバから尋問を受けています。

クレスティーバは事務所の収益の30%が警官の暴行事件であることを指摘し、ダイアンが「問題はクック郡がアフリカ系アメリカ人を嫌っていることだ」と話していたと言います。

もちろんダイアンはそんな発言はしていないので否定します。

にいな
にいな
そんなこと言ったっけとビックリしました!

クレスティーバがダイアンを訪ねてきたときは、ほとんど息子の話しかしていないと証言します。

ダイアンはクレスティーバが事務所をはめようとしていることに気付き、エイドリアンとバーバラに報告します。

エイドリアンはクレスティーバの狙いが、警官の暴行事件を減らすことではなく、訴訟を減らして事件を減ったように見せることだと気付きます。

ルッカはコリンにクレスティーバが事務所に関する嘘の情報を流していることを伝えます。

コリンはクレスティーバが嘘つきであることは知っているようです。

コリンはクレスティーバの直属の上司ディンコンに話をすると言いました。

受精卵の所有権を争うことに

ローラの裁判で受精させた医師が証言しています。

ジェイがダイアンに、医師と被告人ハイト夫妻が一緒にイギリスに行くことを突き止めます。

なぜなら受精させる処置が、アメリカでは承認されておらず、イギリスでしかできないからです。

そしてその方法が、ローラの遺伝子を取り出して、ハイト夫妻の受精卵に移植するものだとわかります。

つまりローラの卵子が使われた受精卵の残りは育たなくなるので、破棄されることになるのです。

受精卵は財産になるので、所有権の問題になるので、明日の裁判で証拠を提出するように判事は言います。

「嫌な仕事だ」と呟きながら…

にいな
にいな
判事も気が進まない様子でした

コリンは上司のディンコンとクレスティーバと話をします。

アフリカ系アメリカ人が多い事務所を標的にするのは、人種差別と思われるのではと警告します。

しかしクレスティーバは、レディック&ボウズマン法律事務所を標的にしている理由は他にもあると反論し、去っていきます。

マイアのフェイクニュースを止める方法

マイアの記事はフェイクニュースであることをジェイが突き止めます。

そしてそのネタもとは元彼テッドのツイッターボットであることもわかります。

マイアの弁護士アイシャがテッドのところへ仮差し止め命令を持っていきますが、ボットのサーバーが国をまたいでいるため、止めることができませんでした。

ただし合法ではありませんが、テッドを止める方法はありました。

それは同じことをテッドにすることでした。

マイアがされたようにボットを作りフェイクニュースを流されたテッドは追い詰めらていきます。

受精卵は夫妻の所有権に…

ローラの裁判に戻り、ハイト夫妻の夫が証言しています。

夫婦は卵子購入時に、シカゴ工芸大学のものではないと知らなかったので、善意の購入者です。

ダイアンの反論も虚しく、受精卵はハイト夫妻の所有権になります。

事務所にテッドが乗り込んできます。

テッドに責められているマイアのところにエイドリアンが来て、マイアを庇ってくれます。

マイアが記事を消すなら、テッドも記事を消すことに同意して、フェイクニュースの件は一件落着?




ダイアンは子供を望んでいた?

ダイアンはローラの件で落ち込んでいます。

バーバラはダイアンに、子供がいないことを後悔しているか聞きます。

ダイアンは時々後悔すると言います。

それは夫カートといるとき。

周りはダイアンが子供を望まなかった、だから仕事に生きていると思っているが、本当は違うと言います。

実は逆なのにわかっていないと…

バーバラと話した後、カートに電話しますが、すぐに切ります。

そしてローラの件で閃くのです。

受精卵の最終的な所有権は…

それはイギリスの法律を利用することでした。

イギリスの法律では卵子を750ポンド(約10万円)以上で売ることを禁じていますが、ローラは2万ドル(約250万円)で売っていました。

そのため、受精卵を処置のためにイギリスに持ち込むことは禁止されたのです。

ハイト夫妻はイギリスには行けなくなり、着床することができなくなった受精卵の破壊を希望しました。

しかし判事はローラの所有権を認める判決をくだしました。

ローラはとても喜びます。

法廷の外でハイト夫妻に会ったローラは「妊娠できたのはあなたのおかげ。この子供はあなたの子供でもありから。子供の人生に係りたいなら言って」と。

しかしハイト夫は「ふざけるな!」と暴言を吐いて去っていきます。

一件落着したと思っていたマイアのフェイクニュースですが、また出現していました。

元彼の仕業ではなく、別の誰かが次から次へと載せているのです。

マイアは訴えるなりしてなんとかしたいと言いますが、アイシャには無視するのが一番だと言います。

しかしその記事はクレスティーバの手元に渡り、捜査の対象に…

グッド・ファイトシーズン1第4話感想

今回は詐欺事件について進展はありませんでしたね。

ただクレスティーバが出てきたので、これまた嫌な展開になりそうな予感…

すでに悪役感が凄かったw

(ただ息子のことは本当に可哀想…)

グッドワイフのときはピーターに殴られてスッキリしましたが←

今作ではどんな風に退場していくのでしょうか。

さて、今回の訴訟は不妊治療で使われる卵子提供のことでした。

ローラの卵子だから、ローラの元に戻ってよかったけど、夫婦の気持ちを考えると素直に喜べなかった…

元はと言えば、卵子の契約を大学側に伝えなかったせい。

契約って本当に重要だなと再実感しました。

不妊治療ってお金だけでなく、体や心にかなり負担がかかります。

それなのにやっとの思いで手に入れた卵子を、結局着床できなくなるなんて、いち母親としてかなり辛かったです。

あとはダイアンの子供についての考えが初めて知れて、それも胸が痛くなりました。

グッドワイフでは、子供関連のことは基本的にアリシア目線で描かれてきましたからね。

ダイアンとカートの間に子供がいたら、きっと素敵な子だったんだろうなぁ。

それにしても、マイアがいまいち存在感がなかったような?

出番はあったのに、なんか印象に残ってないかも…

第5話に期待したい!w




さいごに

グッド・ファイトは現在「Amazonプライムビデオ」で配信中!

30日間無料体験を利用すれば、動画を観られるだけでなく、プライム特典も使い放題です。

Amazonプライムビデオはコスパ最強!?3年利用主婦のガチレビューコスパがよくて海外ドラマを見れる、動画配信サービスってどれがいいのかな…こんな風にお悩みのあなたへ。にいなはAmazonプライムビデオをイチオシします!なぜなら値段がやすく、海外ドラマの種類も豊富。おまけにプライム会員特典も使えちゃう!この記事では、アマゾンプライムビデオを3年以上愛用している主婦のにいなが、海外ドラマを観れる動画配信サービスとしておすすめする4つの理由を徹底解説しちゃいます。...

「テレビの放送が待ちきれない〜」という方は、Amazonプライムビデオで観ちゃいましょう♪

Amazonプライムビデオ公式サイト

海外ドラマ視聴歴20年以上の主婦おすすめ動画配信サービスランキング
U-NEXT
おすすめポイント

動画本数16万本以上
ディズニーなど最新作も最速配信
雑誌70誌以上読み放題
ダウンロード機能あり
倍速機能あり
最大4アカウントで同時視聴可能
31日間の無料体験あり

 

U-NEXT公式サイト

U-NEXT詳細ページを見る

 

Amazonプライムビデオ

おすすめポイント
月額たったの500円
プライム特典利用可能
オリジナル作品がおもしろい
ダウンロード機能あり
30日間の無料体験あり
 
 
 
 
 
Hulu
おすすめポイント
全動画見放題
アンパンマンチャンネル見放題
日テレ見逃し配信あり
ダウンロード機能あり
2週間無料体験あり